新型冷却装置

自動車の冷媒装置が変わるとのことで仕事終わりに講習に参加。
クーラガスが今後HFO-1234yfに代わりつつあります。
現在はレクサスの上級グレード、アメリカ車両の一部、ヨーロッパ諸国清算の上級車種の一部に使用されてきています。
それに伴い、整備工場でも専用の機械を導入せざる得ないので各メーカーが販売に力を入れています。

HFO-1234yf(ハイドロフルオロオレフィン)は以下の特徴を有しています。
・毒性が低い
・熱的安定性が良い.
・温暖化係数(GWP)= 4
・オゾン層破壊係数(ODP)= 0
・HFC-134a(現行媒体)と特性が似ており,冷却性能,エネルギー効率の違いも5 %以内であり,代替として有望である.
・わずかに可燃性がある
・直接膨張方式対応可能(二次冷媒不要)

1に環境、2に環境 車業界にいまだかつてない変化が訪れようとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です